葬儀の日程と大安

葬儀の日程と大安について

葬儀の日程に大安は避けるべきか

葬儀の日程を決めるときには、大安を避けるべきなのかについて迷ってしまいますが、これは一般的に避ける必要がないとされています。その理由としては、結婚式などと違い、人が亡くなるタイミングは誰も分からないため調整が利かないためです。また、近頃は葬儀を執り行うまで遺体を自分の家で安置できないため、火葬場に併設された霊安室に安置しておける期間が限られていたり、火葬場が友引には遺体を火葬することを受け付けていなかったりする場合などを考慮して、ご遺体がまだ、良い状態を保っている内に速やかに日程を決めて執り行う必要があります。

葬儀の日程は大安を避けるべきか

冠婚葬祭は、やっていい日取りと、やってはいけない日取りがあると言われていますが、お葬式についてはどうなのかわかっていそうではっきりとはわからない方が多くいるはずです。結論を言うと、葬儀においては、六曜との関係は区別されていないのが実際のところです。大安に葬儀を行うのも全然かまわないということになります。ただ、気を付ける点としては、友引は火葬場がお休みである地域が多いため、友引にお葬式をしてそのまま火葬場へいくというのが難しいということがあります。友引は友を引くという意味があることから、火葬場がお休みのところが多いのです。ですから、他の六曜については全く気にすることなくお葬式の日程を組んで大丈夫ということになります。

↑PAGE TOP

Copyright © 葬儀の日程と大安について All rights reserved